牧野養鶏場インターンプログラム

基本情報

実践型プログラム リアルな社会体験や鶏の飼育や販売を体験したい方向けインターンシップ

 

受け入れ者 牧野拓朗(東洋大学生・29歳)
受け入れ先 牧野養鶏場
プログラム募集開始日 10月24日(H30)~通年
受け入れ開始日 11月15日(H30)~通年
活動テーマ 鶏の飼育・販売を通しローカルビジネスとセネガル社会を体感
活動場所

セネガル共和国(シンディア群)

「ブレーズ・ジャーニュ国際空港から20〜30分ほどの所になります」

受け入れ人数

最大5名

「牧野養鶏場に宿泊できるお客様の人数は最大3名になります。仮に同時期に5名のお客様から申し込みを頂いた際は、申し込みの早いお客様から順次宿泊場所の予約を伺わせて頂きます。牧野養鶏場にご宿泊出来ないお客様へは、現地人宅又は近隣にあるホテルを紹介させて頂きます」

待遇 無給
勤務日程

6am~17pm(勤務時間:応相談)

「早朝に起床しますが、その後休憩なしで仕事をし続けるわけではなく朝食や昼食、休憩の時間があります。ですが、早朝の起床が苦手な方は早朝に起床されなくて大丈夫です」

勤務頻度 週5日(お客様の好きな時に2日休養日を)
お客様へ

①時期によっては鶏の販売活動を体験できなく、鶏の飼育のみの体験になってしまう時があります。

お申込みの際は、鶏の販売状況を体験したいのかor鶏の飼育のみの体験だけでも良いのかなど、お客様のご希望を下部にあります「お問い合わせホーム」に記入して頂くようお願いたします。

②客様がセネガルに到着されてから帰国されるまで牧野がサポートさせて頂きますので、ご安心下さい。

宿泊場所 牧野養鶏場宅又は現地セネガル人宅
費用 参加費、宿泊費、その他費用の合計の詳細を下記に記載してあります。
募集対象者

・語学力不問

・どなたでも参加可能(未成年の方は親御さんの承諾があれば参加可能です)

・身体が健康な方

・牧野養鶏場の生活を前向きに送れる方

・現地の方に配慮した行動をとれる方

・全ての物事を前向きに行える方

・アフリカに関心がある方

・鶏の世話に抵抗がない方(必須ではありませんが鶏を捌くこともあります)

注目ポイント

📌ツアー形式ではない実践型プロジェクト

📌アフリカの地で養鶏場経営の状況を体感できること

📌ストリート上で牧野と現地の方とのなまの販売模様をみることができること

対象身分 シニア、社会人、大学生・専門学生、高校生、中学生
お問い合わせ方法 下部にあります「お問い合わせホーム」よりお問い合わせをお願いいたします。

連絡先(牧野へ直通)

Gmail→tm.taiyou0212@gmail.com

what’s up→+221 70 826 0856

備考 お客様のどのような要望に対してでも柔軟に対応させて頂きますので、ご安心下さい。
緊急時対応 緊急時の際は、牧野がお客様に同伴し全て対応させて頂きます。

 

牧野養鶏場でインターンをおこなう目的

私はセネガルの地で養鶏場経営を始めたことでセネガル(アフリカ)のビジネスの一端を直視できていることや現地の方の実際の生活模様をみることが出来ています。また、現地の方と直接触れ合うことで、多くのことを学んでいます。

なので皆さんにも、牧野養鶏場での活動を通し途上国のリアルな様子を体感して頂き、セネガル(アフリカ)社会の一端ではありますがセネガルひいてはアフリカ社会をより身近に感じて頂きたいと思っております。

そして皆さんの今後の人生に活かして頂ければと強く思っていることから、インターン生の受け入れを始めさせて頂きました。

 

インターン生がインターンから得られること

1、現地の人々にとって鶏の存在がどういった立ち位置にあるのかを知ることができること(他に牛、豚、羊がいるのに)

2、鶏の販売価格の設定の仕方、市場での鶏の相場の価格、年間を通しての鶏の需要変動を知ることができること

3、鶏ビジネスの可能性について知ることができること(セネガル内での)

4、鶏の販売先事情、お客様の見つける方法を知ることができること

5、鶏の飼育方法を知ることができること(セネガル内での)

6、セネガル人がどの様な生活を送っているのかを、臨場感をもって体感できることからセネガル人の生活スタイルを知ることができること(私の養鶏場は地方に位置するため、都市部より途上国の生活模様を知ることができます)

7、セネガル人の風習や考え方を知ることができること

8、その地域の社会システムを知ることができること(交通事情、水事情、現地人の職事情)

9、インターンを通し価値観について考えることができることや、世の中には異なる(日本とは)ライフススタイルが存在することを身をもって知ることができること。

10、牧野ができるなら私にもセネガル(アフリカ)で挑戦できると知ることができること

11、電気や水道がない原始的に近い生活を体験できること(蛍光灯のかわりにライトをつかい、水道水のかわりに貯水池から水を購入しています。飲み水はお店で購入。)

12、養鶏場での活動を通しフランス語やウォルフ語を利用できる事や学べる事(私は現地に約6カ月住んでいますが、今だにフランス語もウォロフ語もほとんど話せません。汗)

 

主な活動内容

1、鶏への餌やり水やり

2、鶏舎の温度管理

3、鶏舎の清掃

4、鶏の販売

5、鶏の販売営業

6、鶏の配送

7、鶏を捌く(必須ではありません)

8、お客様の対応

 

宿泊先

1.牧野養鶏場宅基本情報

・牧野養鶏場と併設

・電気水道なし(入浴は野外でドラム缶に溜めてある水を利用)

・洗濯は手洗いのセルフサービス

・マットレスと蚊帳あり

・簡易トイレあり

・お風呂は野外(外部からは敷地内は見えないです)

・食事: 毎食、近所の屋台やローカルの食堂で食べることになります(自炊は出来ない状況であります)

・近所の小売店に飲み物や最低限の生活用品はあります

・ネット環境: お客様の携帯がSIMフリー対応の機種であれば、セネガルで現地のSIMを購入することでネット通信は可能です。 お客様の携帯がSIMフリーでない場合であっても、近所にありますホテルでwifiの利用が可能です。(その際はドリンクを1杯注文することになります)

 

 

(牧野養鶏場宅の様子)

養鶏場の門前にて(夏奈子さん&イブ)

 

養鶏場(最大500羽まで飼育可能)

 

 

左:休憩所、右:住居

 

宿泊部屋(蚊や、マットレス等あります)

 

浴室模様(温水あり、通年野外)

 

鶏達

 

 

宿泊価格(税込)

牧野養鶏場宅 1泊500円 

・1週間3,500円→3,000円
・2週間7,000円→6,000円
・3週間10,500円→9,000円
・1カ月間14,000円→12,000円

上記以外の期間をご希望のお客様はご相談ください。

 

2.セネガル人宅基本情報

・シンディア群内に位置します。(牧野養鶏場宅からは車で10分程の距離)

・電気水道あり(地方シンディア内のホスト先は水道ではなく、たらいの中の水を利用する可能性あり)

・洗濯はホスト先がおこなってくれます

・マットレスと蚊帳あり

・和式または洋式トイレあり

・お風呂は室内

・食事:ホスト先が用意してくれます。
(平日の昼食のみ、お客様ご自身でとって頂きます。週末、お客様がホスト宅に滞在していればホスト先が用意してくれます)

・ネット環境☟

お客様の携帯がSIMフリー対応の機種であれば、セネガルで現地のSIMを購入することでネット通信は可能です。【ですが、お客様が地方のシンディアのセネガル人宅に宿泊される場合は、日によってはネット環境の問題のためネット通信が出来ない場合があります。その様な場合であっても、牧野がシンディアに常に在中しているためお客様のどの様な要望に対しても迅速に対応させて頂きますのでご安心下さい

お客様の携帯がSIMフリーでない場合であっても、近隣にあるホテルでwifiの利用が可能です。(その際はドリンクを1杯注文することになります)

 

(例ー地方シンディア・セネガル人宅の様子)

住居(コンクリート造り)

 

 

宿泊部屋(蚊や扇風機あり)

 

台所(調理の際は火おこしから始まります)

 

食事模様(通常はスプーンで食べます)

 

浴室模様(温水あります)

 

近隣での仕事模様(炎天下のなか住居を建設中)

 

 

宿泊価格(税込)

セネガル人宅(地方シンディア)
1泊500円

*セネガル人宅のご宿泊に関しましては、長期宿泊による割引はございません。

 

牧野養鶏場インターン参加費

 

価格(税込)

・1週間46,000円

・2週間60,000円

・3週間74,000円

・1ヶ月88,000円

・2ヶ月170,000円

・3ヶ月250,000円

上記以外の期間をご希望のお客様はご相談ください。

 

 

【参加費に含まれるもの】

・往復の空港送迎
・現地連絡用携帯電話(ガラケー、ネット通信不可)
・食費代(セネガル人宅の場合)

 

【参加費に含まれないもの】

・宿泊代
・航空券代
・海外旅行保険代
・予防接種費用代
・宿泊先から牧野養鶏場に向かう交通費
・携帯の通信費
・私用の出費
・その他

 

早見表☟

①(インターン参加費 + 宿泊費用)合計金額の早見表

例)  1週間:49,000円 = 牧野養鶏場インターン参加費・46,000円 + 牧野養鶏場宅宿泊費用・3,000円

合計費用
(縦→インターン期間)

(横→滞在先)

セネガル人宅

牧野養鶏場宅

1週間 49,500円 49,000円
2週間 67,000円 66,000円
3週間 84,500円 83,000円
1ヵ月 102,000円 100,000円
2ヵ月 198,000円 194,000円
3ヵ月 292,000円 286,000円

 

早見表☟

②その他費用の早見表

渡航前準備や、インターン先での滞在にかかる費用の目安を以下に示します。

その他費用

 

航空券代

130,000円前後(航空会社や航空券購入日によって変動あり)

必須予防接種代

14,000円前後(黄熱病・診察代を含んだ料金)

食費代(1週間)

3,500円前後(地方シンディア)

交通費代(1週間)

400~1,500円前後(地方シンディア内で過ごされる方)

お土産代 5,000円前後(4~5人に1つずつお土産を買う際)
合計 152,900円前後

*1、セネガル人宅に宿泊されるお客様は食事代は宿泊先費用に含まれておりますので、上記の食事代はかかりません。

*2、予防接種に関してですが、上記の表にはセネガルに入国されるお客様に必須とされる必須予防接種代のみの料金表示となっております。他の予防接種情報に関しましてはこちらを参照されて下さい。→予防接種:セネガル渡航前に打つべき7選!

 

③総合計金額(インターン参加費+宿泊費用+その他費用)

総合計金額につきましては、上記の①+②となります。

お手数ですが、各お客様のインターン希望時のスタイルに合わせまして、総合計金額の算出をお願い致します。

 

牧野から皆さんへ

 

日本からの渡航者が極僅かなセネガル(西アフリカ)に来られたお客様にはセネガルの表面をなめるのではなく、セネガル社会の奥深いところまで体感して頂きお客様の世界観を広げて頂ければと思っております。

世界観の一例・1、私の悩みなんてちっぽけ過ぎるわ

       2、ビジネスチャンスあり過ぎやろ

 

さらに言いますと、お客様に「セネガルに行ってきたよではなく、セネガルの地(じ)の匂いが忘れられないと言わせれることが可能なプログラムを用意しております。

つまり!!!、、、お客様に「後悔させない」プログラムを提供できることや、このプログラムを利用されないのは勿体ないとお客様に言える自信があります。

 

【最後に、このプログラムを牧野一個人の思いとして表現させて頂きます】

うちのプログラムは綺麗なものではなく、泥臭いものなんで、、、きれいなものはよそでみて下さい。だって、わざわざ高いお金を払って来られるんですから、体験で終わらせるのではなくお客様に何かつかみ取ってほしいので!!

それではセネガルでお待ちしております^^

 

応募の順序

①お問い合わせフォームを送信

②お客様のメールアドレスにご連絡

③電話にて通話

④参加申込書、規約書類送付・ご返信

⑤プログラム参加費のお支払い(銀行振込)

⑥各自準備(予防接種、航空券、海外保険など)

⑦現地集合

 

まずは気軽にお問い合わせください^^

下記のお問い合わせホームで、このプログラムのお申込み、疑問、質問等も取り扱っております。

 

「お申込みの際」

・初めに「氏名、参加されたい期間」の2点を送って頂くようお願い致します。

 

LINE又はメッセンジャーでの通話相談も可能です。

通話相談をご希望の方は、LINEID又はFacebookの名前を添えてメールを頂ければと思います。

2日以内に120%折り返し連絡差し上げます。